社会福祉法人仙台市手をつなぐ育成会|求人情報|仙台市知的障害者施設|生活介護事業|就労継続支援事業|共同生活介護事業|

qrcode.png
http://www.sendaishi-ikuseikai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

理事長挨拶・基本理念

 

理事長あいさつ20180401

理事長あいさつ20180401
 
   理事長 千葉 厚子
平成30年度のスタートにあたり,ご挨拶申し上げます。
「平成」という年号で一年を通せるのは今年度が最後になるかと思います。
いい意味で心に残る,そして次代に明るく繋がる年度となることを願うところです。
さてここ数年,「社会福祉法人」は公益性・非営利性が強く求められる法制度の改正に伴い大きな変革を求められ,これまでにない大変厳しい状況に直面してまいりました。
当法人では,コンサルタントを導入しながら,定款をはじめとした規程類の整備,さらには透明な経営状況を体現した組織整備に努めてまいりました。今度は,3年後の事業規模から先送りとなっていた会計監査人の設置義務への対応に向けて,役職員それぞれの権限・義務・責任を明確にした組織体制を整備するなど,不正リスクに対応した内部統制の強化を積極的に進めなければならないと考えております。
加えて,昨年より取り組んでまいりました「働き方改革」をより一層前進させるべく,勤怠管理システムを導入し,長時間労働の削減,休憩時間取得の当たり前化を目指します。
我が国における高齢化や社会状況の変化は今後も依然として進展し続け,それにより引き起こされる問題もさらに多様化,深刻化していくものと考えられます。自ずとこれからの社会福祉サービスは,障害・高齢・保育いずれの分野においても,多種多様かつ量的に拡大していくとともに,質的な向上が強く求められてくることでしょう。
私たち社会福祉法人が存続意義を持つためには,そのような環境変化に的確に対応しつつ,新たなニーズに応えていかなければなりません。
ともすると,新たなうねりに惑い右往左往しがちですが,私たちは常に「利用者・保護者の思い」を大切にすることを心に留め置きながら,新たな時代に向い,法人の将来を見据え,計画的・持続的に組織を発展させていかねばなりません。法人の進むべき道を見定め,どうすれば目標を達成できていくか,経営努力をしていく覚悟でおります。
言うまでもなくこれまで同様,法人の創業精神を基本にしつつ,働く職員の生き甲斐や働き甲斐が享受できる職場環境や就業条件を整備していくことも重点課題のひとつとして取り組んでまいる所存です。
 
 

基本理念

基本理念
 
 福祉制度やニーズの変化に適切に対応するとともに、創業の精神である「利用者・保護者の思いを大切に」を踏まえ、利用者の自立及び社会参加の支援等のために、次の基本理念を掲げ、その達成にむけて事業の展開を図ります。
 ①利用者の安心と安全を基調とした利用者への良質なサービス提供
 ②利用者の課題を共有し援助技法の研鑚に励む感性豊かな人財育成
 ③地域社会に開かれ信頼を寄せられる事業展開
 
※事業経営の重点目標
「信頼・安心・満足」に応える事業展開
法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
仙台市手をつなぐ育成会
法人本部事務局
〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋
2丁目12番2号
TEL.022-211-5030
FAX.022-211-7071
-------------------------------
社会福祉事業
-------------------------------
144178
<<社会福祉法人 仙台市手をつなぐ育成会>> 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目12番2号 TEL:022-211-5030 FAX:022-211-7071