本文へ移動
法人本部事務局
社会福祉法人
仙台市手をつなぐ育成会
法人本部事務局

〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋
2丁目12番2号
TEL.022-211-5030
FAX.022-211-7071
-------------------------------
社会福祉事業
-------------------------------
3
1
0
4
1
7

その他の情報

☆年忘れ会☆

一年を締めくくる年忘れ会を昨年12/16(金)仙台ロイヤルパークホテルで、3年ぶりに開催しました。ここ2年は施設内での実施だったこともあり、ロイヤルパークホテルでの年忘れ会を心待ちにしておりました。
みなさん、年忘れ会ということで普段なかなか着ることのないスーツやアクセサリーを身につけ「かっこいい」や「かわいい」の声に満面の笑みを浮かべてました。
コロナ禍のため、少し控えめな乾杯の発声から豪華なホテルの食事に「おいしい」という声がどのテーブルからも聞こえ、今年度の活動を振り返るスライドショーを見ては歓声が上がり、皆さん大満足の中、盛大に開催することができました。


☆工房しらかばクラブ活動(前期)☆

 10月より「買い物」「水族館」「遊覧船」「新幹線見学」「ボウリング」を皆さんからの希望で
クラブ活動を行いました。
 好きな物を選んで買う、海の動物や新幹線を間近で見る迫力感、遊覧船からの日本三景、ストライクやスペアを取り仲間と喜び合うなどなど、普段の活動では味わえない楽しさを満喫していました。
 また、どの活動も普段より豪華な食事に舌鼓していました。


☆工房しらかば工芸展☆

11/26(土)、27(日)の二日間しらかば内で工芸展を開催しました。
機織り班の皆さんと七宝教室に参加した皆さんの作品を展示し、利用者、ご家族、お知り合いの方、地域の方々に見ていただきました。
利用者の方々のこれまでの努力と保護者の皆さまやボランティアの方々にご協力をいただき、多くの作品を展示することができました。
また、自分たちが仕上げた作品をご家族やヘルパーさん、お越しいただいた方々にお見せしている時のいきいきとした表情が印象的でした。

今回もしらかば保護者会や職員からお花をいただき、より華やかな雰囲気の中開催することができました。

☆福島日帰り旅行会☆

第3弾は福島へ
バスに乗り、新しくなった国見サービスエリアで休憩を入れ、二本松隊士館でうどんすきを食べました。熱々のお鍋でしたが、お店のスタッフの説明を聞いて、皆さん思い思いに召し上がっていました。
食後は東北サファリパークへ。園内バスに乗り換え、「放し飼いエリア」に行き、ゾウやキリン、鹿に少し怖がりながらもエサやりを行いました。皆さんエサやりを楽しみました。バスを降りてからはお土産を購入。お菓子や小物など迷いながら購入されてました。
帰りのバスは皆さんお疲れの様子でウトウトされる方もいましたが、皆さんからは「楽しかった」という声を多く聞くことができました。

今年度の旅行会3回共に天候に恵まれ、無事に終えることができました。皆さんの充実した表情がとても印象的で行事を実施でき良かったと感じることができました。

☆東京日帰り旅行会☆

第2弾は東京へ
新幹線に乗ることを心待ちにしていた様子で、当日地下鉄の急な運転見合わせがありましたが、皆さん元気に集合しました。新幹線で上野まで行き、上野駅前から循環バスで浅草へ。
浅草では天丼で有名な「大黒屋」で昼食をとり、大きな海老天丼に大興奮!みなさん笑顔で召し上がっていました。
食事後は浅草通りをグループで分かれて人形焼やくじ引き、お買い物、お参りなど楽しみながら散策し、雷門前で記念撮影。みなさん、袋を両手に抱えて買った物を見せ合いながらさらに楽しまれていました。
帰りの新幹線では少しお疲れの様子でしたが、「来年もまた行きたい」と充実された様子でした。

☆いも煮会☆

10/28(金)に施設内でいも煮会を実施しました。
コロナ禍ということもあり、みんなで鍋を囲んで食べることは叶いませんでしたが、栄養士、厨房職員が心を込めて作ったいも煮を皆で食べました。
「秋の味覚ボウリング」と題して午後は2グループに分かれてレクリエーションを行いました。
秋の味覚が描かれた的に向かって投げていました。点数を競うよりも柿やさんまなどの的に当たる喜びを皆さんで共感している場面が印象的でした。
このレクリエーションをするにあたり、当日だけでなく、利用者の皆さんと絵を描いたり、ボールを作ったりと準備からこの行事を楽しむことができました。
最後にはスイートポテトを食べ、デザートでも秋を満喫する一日になりました。

☆岩手日帰り旅行会☆

コロナ禍で延期になっていた旅行会が10月からスタートしました。
第1弾は岩手方面!
参加された皆さまへ前の日からパンフレットを見ながら楽しみにしていました。
当日は秋晴れに恵まれ、猊鼻渓レストハウスでお食事、舟下り。食事は前沢牛のすき焼き御膳!お米も新米でおかわりする方も多くいました。
食事後は猊鼻渓で一番大きな舟に乗り、川の音や鳥の声、船頭さんの歌声を聞き、舟を降りてからはほとんどの皆さんお土産を買われていました。
帰りのバスでは久しぶりの旅疲れで休む方もいましたが、「また来年も行きたい」と早速来年の旅行の話に花が咲いています。
第2弾は東京方面 第3弾は福島方面です。次回の報告をお楽しみに。

☆七夕会☆

 仙台の夏の風物詩「七夕」を少しでも感じてもらえるよう、しらかば内で「七夕会」を実施しました。
 七夕にまつわるクイズや歌、制作を部屋に分かれて行い、冷たい飲み物で「七夕」と「夏」を感じました。
 願い事の中には「健康」や「仕事」に関することが多く、叶えられるよう声に出して思いを届けました。
 皆さんの願いとコロナの収束をお祈りしたいと思います。

☆休日開所☆

 新年度が始まり、2ヶ月が経ちました。今年度は感染予防を行いながら、施設内での活動や行事の幅を拡げていきたいと思っています。
 その中で、年4回予定している「休日開所」を行いました。4月は機織り班、5月はベーカリー班、下請け班、環境班の様子を報告いたします。

<4月>
 今年度最初の休日開所は映画鑑賞でした。映画は普段とは違う作品から利用者の方に選んでいただき、映画といえばポップコーン!ですが、しらかばベーカリー班手作りのスフレを食べながら鑑賞しました。
 昼食は近くのスーパーまでお出かけし、好きなお弁当や、飲み物、デザートまでも購入していました。みなさん、お弁当を選んでいる目はとても輝いていました。
食事は普段は部屋ごと分かれて食事をしていますが、今回は感染予防を行いながら参加者全員食堂で食べました。久しぶりに班の皆さんと自分たちで選んだお弁当を食べられたことがとても嬉しかったのか、「土日はいつも一人で食べているから今日はみんなと食事ができて嬉しかった」と帰り際にお話しされ表情からも充実された様子を感じることができました。

<5月>
 5月の参加メンバーの皆さんで久しぶりに公園に出かけてお弁当を食べてきました。
 まずは、近くのスーパーで好きな物を選び購入。すぐに決めて買い物する方もいれば、悩んで何度も行ったり来たりされている方もいました。しかし、セルフレジでの買い物は皆さん普段から経験されているのか、とても慣れていました。
 買い物後は与兵衛沼公園へ。日差しもあり、風も程よく、絶好のお出かけ日和。緑に囲まれた中で、大きなシートを広げて、距離を取りながらではありますが、みんなで座り、周りのお弁当の様子を見ながら「何食べてるの?」「おいしいね!」「いいなぁ!」などの声と共に、たくさんの笑顔があふれた外出になりました。

☆ひなまつり☆

工房しらかばでは2月の後半から立派なお雛様の七段飾りが飾られました。
凛々しい顔に艶やかな着物、きらびやかな道具の数々。
活動や食事の時にも眺めながら短いお目見えの機会を楽しみ、3日の午後にはひな祭りにちなんだ活動を行っています。
折り紙のひな人形づくりでは思い思いの顔を描き、烏帽子や扇子を整えて完成。
自分だけのひな人形を見ながら甘酒も楽しみ、最後までひな祭りを楽しんだ一日でした。

☆令和3年度 年忘れ会を開催しました☆

 年の瀬も押し迫り、新しい年の足音も聞こえてきそうですね。
 工房しらかばでは、今年も施設内で年忘れ会を開催しました。朝から、普段より少しおしゃれした服装や年忘れ会のしおりを見て笑顔で話し、楽しみな気持ちが伝わってきます。
 皆がそろったところで、施設内3会場に分かれてスタート!職員出し物の”フラワースティック”や”ハイパーヨーヨー”の妙技に沸き、ビンゴではワーキングギルド花梨の恐竜ストラップをゲット!スライドショーで今年一年のたくさんの笑顔を見ながら、大いに盛り上がりました☆
 そして待ちに待ったお昼は、今年は「味の金魂」さんの二段重ねのお弁当。メニューを見てワクワクしていましたが、蓋を開けてみてその豪華さにビックリ!食べても美味しく、大満足の昼食になり、今年もたくさんの笑顔が見られた素敵な一年の締めくくりになりました☆

☆令和3年度 日帰り旅行会☆

 10月15日から29日にかけて、5グループに分かれて日帰り旅行会に出かけてきました。
 今年度予定していた外出はコロナの感染拡大の影響で延期や中止となっており、本当に久しぶりの外出活動に、何度も予定や天気を確認して楽しみにされている利用者の皆さんの顔がありました。
 今回の旅行会の行先は秋保温泉方面。ホテルでの豪華で美味しい食事に舌鼓を打ち、そのあとは紅葉を愛でながら足湯に浸かってホッと一息。身体も心もポカポカの日帰り旅行会になりました

☆七夕会を開催しました☆

 七夕まつりの時期になり、中山地区でもあちらこちらに色とりどりの七夕飾りが飾られました。
 しらかばでも毎年この時期には、利用者の皆さんと一緒に作った飾りや願い事を書いた短冊を笹に結え、「七夕会」を開いています。
 今年もたくさんの飾りと短冊が施設内を彩り、久しぶりの季節行事に笑顔があふれていました。また、会の中で食べるカキ氷も楽しみの一つとなっており、暑さも手伝ってその味わいは格別でした。
 
 皆さんの願いごとが叶いますように…

ボランティア募集

☆ボランティア募集
*機織り加工のボランティアを募集しています。ハンドバッグ・ポーチ・クッションなど、素敵な作品に加工していただける方、ご連絡をお待ちしております。

*作業の時間帯のボランティアを募集しています。利用者の方の作業補助を行っていいただける方、レクリエーション等一緒に活動していただける方、大募集です!!
 TEL 022-278-8099  ボランティア担当 工藤

☆機織り作業では、ご家庭で眠っている糸(アクリル・綿・なんでも可)の寄付を募っております。仙台市内であれば、受け取りに伺います。
 ご協力いただける際には、下記までお電話またはメールをお願いいたします!!
 TEL 022‐278-8099  メール shira3@deluxe.ocn.ne.jp         機織り担当 中里、佐藤
TOPへ戻る